choti’s blog日々是々

妙齢女のフツーの毎日。お仕事は美容関係。

暑い、、、。

春がなくなりましたね。

冬の後の、一番良い季節が、とても短い。

トーブをしまった途端、扇風機を出す。

春や初夏は、どこへ行ってしまったんでしょうね。

 

3月の末から日傘を差します。

シミやシワを作る紫外線は、本当は冬でも降り注いでいるから、冬でも差したいのですが、

やはりちょっと恥ずかしい。

芸能人でもあるまいし、と思われるでしょうし。

ところが、先日、すごーくすごーくすごーく気に入っていた日傘を無くしました。

もう、ショックで暫く放心状態、、、。あちこち、その日立ち寄ったところを探しましたがありません。仕方がないので、翌日求めに出掛けました。

 

松屋』のオリジナルだったので、今年もあるだろうとたかをくくって、オープンの時間に傘売り場へ。

と、ところが、傘売り場、なんだかがらーんとして地味〜な日傘ばかり、申し訳程度に並んでいる。

慌てて店員さんを捕まえて、

「あの、去年買った松屋オリジナルの綺麗なプリントの日傘を買いに来たんですが!」

私の勢いに、ちょっと後ずさり気味の店員さんが、

「申し訳ございません。今年はそのタイプはお作りがございません、、、。」

 

ガーンガーンガーン

 

またもや放心状態。あれじゃなきゃ嫌。絶対。

でも作っていない。。。呆然としていると、その店員さんが、別の人を連れて来てくれました。その人曰く、去年のもので残っているものがあれば、6月のセールで出るとの事。

「定価でいいので、売ってもらえませんか!!!」と食い下がる私に、

今は倉庫の方にあって、店頭には出せないが、セールで店に入って来たら、連絡をくれるとの事。

すごく感じが良い店員さんに、ちょっと落ち着きを取り戻した私。

 

仕方ない。待つか。

でも、今ないと困る。ので、その地味〜な売り場の中で、一番かわいくて、強風にも強いものを選んだら、お値段は全然可愛くなかった、、。

仕方ない。良い物はそれなりにするものです。

 

この、こだわりの強さと貯蓄額は反比例するようです。金、貯まんねー。

 

来月、失くした日傘と同じものに会えますよーに。

松屋の親切な店員さん、ありがとうございました。